2012年05月06日

profile of "atmos-sphere"

atmos のプロフィールです。

■なにをする「ひと」?

「もの」「こと」をつくる人です
おもに
「音」をつくります。

即興演奏をします。

即興を軸に
音以外の方とも
即興をしようと思っています。


現在は、
福祉の現場に身を置いて
「つくる意味」を
身体をつかって考えています。

職場で
車椅子にのっておられ
知的な困難をお持ちの方と
即興セッションを続けております。

その方:和太鼓 
atmos :三味線など

お会いして4年ほど経過しますが
麻痺で、ほとんど動かなかった手で演奏されるなど

気迫に圧倒されつつ

日々
学ばせていただいています



■ コミュニケーション

atmos は、東京の美術大学でデザインを学びました。

在学中からコミュニケーションの周縁を探り続けています。

その過程で、「音」「即興」に興味を持ちました。



■ 「音」

「音」は、空間に対する影響の大きさ、そして伝達速度に優れたメディアです。

光速と音速では比較になりませんが、体感速度は非常に速いのではないでしょうか。
そして、「深さ」との親和性にも優れていると感じます。

また、時間との関わりも無視できません。

「音楽」は、人によって定義も異なるでしょうし、文化・社会・時代との関係によって、受け取り方も異なります。

「音」という言葉は、それらすべてを包み込んだ概念であるとも言えます。
それらすべての音を考えたいと思いました。



■ 「即興」

「即興」は、コミュニケーションにとっては、日常的なものです。

しかし、日常のコミュニケーションにおいて、私たちは「即興」を意識することがあるでしょうか?
意識することで、コミュニケーションを研ぎ澄ますことができるのではないでしょうか。

即興を行うには、自分を取り囲むすべてに対して鋭敏である必要があります。

ひとりで行うときには、自分がいる空間、その場に満ちた空気・雰囲気・気配を感じ取ります。
自然に、自分との対話、環境との対話をすることになります。
それに対して、自分はどのような反応をするのか、しないのか。

相手が人の場合は、相手がどのような人なのか、相手は今、どのような状態で、どのような状況にあるのか、
常に注意を向けながら、自分を省みることになります。

それは、相手が機械である場合でも、同じなのではないでしょうか。

それに対して、自分はどのように振舞うのか?

「即興」には、様々な形があります。
音を使った即興だけでなく、身体を使った即興、映像を使った即興、物語の即興、笑いの即興・・・



■ 「試み」

大学卒業後、face to face のコミュニケーションを学びたくて、サービス業に就きました。

コミュニケーションを考える上で避けて通れない、自閉症や認知症について学びたくなって、
福祉の世界にも足を踏み入れました。

自閉症の方を対象とする知的障がい者施設(この名称は何とかならないものでしょうか?)に勤務しました。
勤務時間中に、音楽や美術を使って、コミュニケーションの試みを行っていました。

当然過ぎるくらい当然のことですが、「同じ人間」だということを再認識しました。
「試みる」なんて、失礼な態度なんだな、と感じました。

また、言語がコミュニケーションに占める割合の大きさも再認識しました。
posted by atmos at 18:14| ◆◆◆ profile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31